W不倫だけど「付き合ってる」の男女

 別れさせ屋女性向け


W不倫のカップルが「私達は付き合ってます」と言うのですが…。
私には違和感を感じます。
双方に家族があり、隠した恋愛関係であり、離婚して一緒になる予定もない。
だけど「付き合ってる」と言えるのは相思相愛と言うよりも、恋愛ゴッコしてるのかなぁ?と思うことがあります。
当人らは真面目に恋愛していると思いますよ。
ですが、客観視してみると妻・夫・子供が居るのに「付き合ってる」はないでしょ。と思うのが一般論です。

W不倫の方から別れさせ利用となる場合。
その不倫関係に別の恋人が出来たケース、又は「不倫を辞めよう」と別れを告げられたので復縁したい。
この2つが多いです。
W不倫から本気になって、相手夫婦を別れさせたい…と相談を頂くことは少ないですね。
ただ片方が離婚成立して独身となったから「彼と奥さんを別れさせたい」は多い依頼内容となります。

● 既婚だけど彼に愛されたい
最近は「セカンドパートナー」と言う言葉まで出ているそうですね。
友達以上、不倫未満って意味だそうですが、「不倫」の証拠がなければ全ては「不倫じゃない」と言えます。
なので私は「浮気相手」って解釈しています。
カタカナにすれば見栄えがいいのか、感覚を麻痺されるのか。
不貞行為と言う一戦を超えなければう脇じゃない…は間違いですからね。
気持ちが別へと向いていて、その向いた気持ちに対して行動することが浮気なんです。
食事
お茶
散歩
これらも行動の1つなので、恋愛的に言うと浮気行動となります。
ただ大切なのは「行動した原因」じゃないですか。
浮気した!と結果だけを責めても解決になりませんし、気持ちはどんどん冷めることでしょう。
解決には原因を考えて修正すること。
この部分を無視すると浮気は本気になって、W不倫と割り切っていた感覚が「離婚する」と決断に向きます。
そうやって原因を考えると多いのが「愛されたい」です。
結婚してから恋愛感情よりも使命感・責任感にて生活してきた。
その生活の中では自分の存在意義、居場所を感じなくなって愛情を求めてしまう方は多いと思います。
なので性欲から浮気する不貞行為よりも、気持ちから浮気する不貞行為のない浮気の方が情深いですよ。
依存も強いです。
双方が線引きして割り切っていても、割り切れなくなる関係と言えます。

● 40歳を超えてから同級生との不倫
同窓会、忘年会や新年会、趣味やサークルにて地元の同級生と会う。
又は元彼女・元彼氏との遭遇。
これによりW不倫へと発展しているケースが多いです。
40歳~45歳となれば離婚歴のある方も増えますので、W不倫と言うよりも不倫ですが…
このような近い関係者との不倫は長期化する、短期間で終るが両極端なんです。
一瞬で盛り上がって「駆け落ち」のレベルまで進んでも、何かのポイントで気持ちが冷めてしまう。
自然消滅です。
だけど、お互いが初めての恋人・付き合いで性経験も始めての相手だった。は最大限の注意が必要!
過去の思い出が美化されやすいので、現状(本命・家族)とのギャップ埋めにより更に美化されやすい相手です。
W不倫から離婚して同棲・結婚へと進みやすい不倫だと思いますよ。