猫の手を借りたくなる忙しさ

 筆者プライベート

忙しい、忙しい
最近はお蔭様で本当に忙しくさせて頂いています。
「猫の手を借りたい」
こんな言葉がありますが、忙しくなるとブログの更新は疎かになってしまいますね。

そんな生活をしてますので、営業時間内に業務が終わらなかった場合。
何を削るのか?
これは「睡眠」となります。
どんな経営者もそうだと思いますが、時間内に終わらせることが理想です。
しかし、どうしても時間内に終わらない時は削るのは睡眠ですよね。
ただ、この流れを繰り返すのは非効率であり、仕事のできないタイプだと思います。
「キャパ」の問題ではなく、段取りだったり、時間配分が下手だと評価されてるでしょう。
その為、残業が多い!って自慢するのは決して格好良くないのです。

ちなみに、弊社では「残業禁止」としています。
内勤務の方は17時00分になったら17時05分には帰って頂きます。
ダラダラって仕事しても効率が悪いからです。
私も話好きなので…話し込めば18時を過ぎてしまった!なんてあるのですが、これはよくない。
営業時間が終われば「個人」なので、兼業していても、寝ても、何をしていても会社は関与しない。
そんな考え方なのです。

ちなみに、兼業可能にしてますが「同業」への兼業は厳禁です。
これはスパイ行為と判断されます。
なので、同業・関係業種でなければ何をしていても問いません。
この辺りは経営者の考え方だと思いますが、兼業不可って会社もまだあるようです。
そこまで拘束するのは古いなぁ…と私は思いますけど。
就業時間外は個人ですからね。
アルバイト、資格勉強、投資をしていても良いと思いますし、寧ろ何かの時間を有意義に使う。
合理的で素晴らしいと思います。
まして、別れさせ屋の仕事なので業界に5年・10年・15年・20年も居たとしてもですよ。
経験は増えるのですが…
退職後に何か形があるのか?と聞かれれば形はないので、空いた時間に資格勉強する事。
それは別れさせ屋・探偵業で働く人には必要だと思います。
特に、宅建士・行政書士は学んでおくべき知識ではないでしょうか。

調べる仕事での経験はですね。
情報収集力だけがフィーチャーされがちですが、実際には「洞察力」と「先見性」です。
この力を別れさせ屋では付けているのだと思います。
だから、見て感じたことを(洞察)、プロファイル(先見)して、情報を整理して考えられる。
これが出来ないってことは…残念ながら目に見えることだけを仕事しています。
もっと目に見えない部分を探り当てることに「楽しみ」を感じると、色々な業界で活躍できますよ。