復縁希望の男性が考える「がんばる」の間違い

 恋愛コンサルタント

復縁希望の男性が考える「がんばる」の間違い
復縁希望の男性
別れさせ屋には「別れさせたい」だけではなく、「復縁したい」のお問合せも多く頂きます。
復縁したいけど…
新しい彼氏・彼女がいるので別れさせたいとなり、その延長戦に復縁があります。

世間的に言うと「当たりしい恋愛したらいいのに」ですよね。
私もそう考えています。
ですが、思い出・情が深い恋人だと忘れようにも忘れられない時があります。
依存や執着ではなく、恋愛感情としての感覚です。
ただ!
これは復縁希望側の意識であり、その相手方にとっては喜ばれることではない可能性もあると思います。
追えば逃げる
又は、しつこい・思いなど。
これらは復縁を迫ることで余計に怖がられて復縁(仲直り)が遠のく結果となります。
ですが焦っていると「ダメ」と理解していても制御できずに、会いたがる自分が居ませんか?
これって迷惑行為ですからね。
自分をコントロールできない状況、それを正当化する意識、ストーカー行為を実行してしまう行動力。
総合的に考えて復縁しずらい元恋人となってしまう。
格好のよくない元彼となることでしょう。

● 別れてからのネガティブ行動
元彼が復縁ほ迫りすぎている弊害として挙げられるのはですね。
現彼の価値観を美化させることにあります。
別れる行動の裏には高い確率で「彼氏」が居るじゃないですか。
その人を美化して、自分の決断・行動を正当化したいので…元彼の行動がダメだったら?
「そんな弱い男だから私は浮気したのに」
「今の彼がやっぱり素敵だよ」
こうやって結果のある比較をされてしまうのです。
お膳立てと言いましょうか、現彼氏をよく見せる材料として元彼が使われる。
なので、追えば追うだけ復縁は遠くなるのだと思いますよ。
こんなケースでは「追わない」は勿論ですが、自己反省として原因を受け入れることが重要となります。

● 男性に多い復縁希望の「がんばってる」方法
彼女との復縁に向けて頑張っているには色々な方法がありますよね。
その中で間違ってるなぁと思うこと。
多いのは「いいなり」になった機嫌取り・優しさです。
今までが我侭に冷たく接してきたのに、別れ話が出てから優しくなった…の場合。
それで彼女の気持ちが変わるのか?は非常に成功率が低いですよ。
優しくなりすぎたり、気を使いすぎて立場が逆転するのでしたら「適度」を理解しましょう。
彼女さんは決していいなりを求めているのではないですからね。
今までが我侭関係を「90対10」の状態として考えると、別れ話をしてから優しくなりすぎで「10対90」になった。
これだと飽きますし魅力的でもなく、将来性も感じないのです。
求めいてるのは「50対50」の均等バランスなので、そこを超え過ぎると優しさは冷める原因となります。
別れさせ屋に復縁希望で相談される男性の約40%は過度の優しさにより冷めさせてます。

■ 別れさせ屋業者とのトラブル事例
私が知る限りでは業者とのトラブルでは、復縁希望の男性依頼者とのトラブルが多いようです。
原因は様々だと思いますよ。
ですが、女性よりも男性が依頼しているケースで諸問題が多く発生しているようですね。

元彼女が応援している