恋愛コンサルタントで恋愛成就を成功させてます

 恋愛コンサルタント

心と頭で恋愛を考える2020年10月14日(水) 19時~22時
兵庫県神戸市の三宮にて、恋愛コンサルタントの講習会を行いました。
勉強会と言っても良いのかも知れません。
参加者は12名。
遠くは新幹線からお越し頂いた方も居られました。
今後も、定期的に実施させて頂きます。
(記事:恋愛コンサルタントの講習会

場所は、大阪・神戸・京都・名古屋・広島・福岡となります。
東京・神奈川は残念ながら予定にありません。

私は1999年から別れさせ屋の専門会社を経営しています。
その経験で感じているのが、「別れさせる」と言う工作的な作業より重要なこと。
やはり”依頼者の問題”にあります。

・浮気される
・不倫を繰り返す
・遊ばれる
・復縁できない
・浮気から本命になれない

これらの原因って「別れさせる」がイコールで希望結果とはなりません。
よって2000年頃から恋愛コンサルを始動させ、2011年から本格的にコンサル業務をさせて頂いています。
2017年~2018年になって、別れさせ屋の業界が衰退を始め…
現時点で「専業」として経営しているのは国内に数社のみです。
今後は、更に減少傾向にあると思いますし、お客様が求めている部分も変わってくると思います。
工作的に別れさせる!はA案として、B案に「自己改革」を考えて頂きたいですね。
恋愛って当事者で起きている問題が別れの要因です。
この部分を無視して恋愛成就って成立しないじゃないですか。
だから、これからはもっと恋愛コンサルタントに力を入れていきたいと思うのです。

さて本題です。
恋愛で悩んでいる方に多いのは、「心と脳」の割合が偏り過ぎていること。
気持ち優先もダメですよね。
知識ばかりで、屁理屈になり形を決め過ぎた頭脳派の恋愛もダメです。
どちらが良いのか…
これは正解がないのですが、柔軟に対応しているのか?
この発想で考えると、皆さんが意固地になって考えが固着していると思います。
もっと柔軟に、もっと素直に、もっとストレートに考え行動すれば結果は違ったでしょう。
なので、恋愛トラブルの解決で初歩的な事は「自己コントロール」となります。

・イライラする
・嫌味を言いたい
・何か理屈で言い負かしたい
・ゴメンって言えない
・寂しいって言えない
・嬉しいけど、嬉しいって態度に出せない

こんなシーンになった時。
「言ったらダメだ」って脳では指令を出しているのに、心が先行すると言ってしまう。
不倫関係の彼女側だと嫌味を言ってしまうことが多いですよね。
でも、それを言わなければ…
彼にとっては大切な彼女なのに、嫌味・嫉妬・暴言があるから「怖い」と印象を持ってしまう。
その怖さが嫁に言うのかも、会社にリークするのかも、何か怖い。
こうなったら深入りせずに適度な距離感で接しようとするのが当然です。
結果的には、本命になるどころか、遊びの彼女(セフレなど)として都合よく利用される。
彼女は「好きだ」の言葉を信用して、無駄に1年・2年と時間を使ってしまうのです。

この状態で「別れさせたい」と依頼しても?
本当の原因って妻の存在・子供の存在ではなくて、彼女の性格的な部分なんです。
だから、別れさせが成功しても本命になる可能性は低く、本命になっても短命で終わる。
そんなケースを多く見ていますよ。

怒りのコントロールを「アンガーマネージメント」と言います。
こちらを専門的に学んでも良いでしょう。
浅く知識を知っておくだけでも、知らないよりは効果的に思います。
ただ、大切なのは「イラッ」とした時に、そのイラッを出したのは自分だけである。
それを出された側の立場になって考える事です。
あおり運転と一緒ですね。
無謀な運転で後ろから煽られたからって、自分も一緒なって暴れても同じこと。
冷静な人だと、怒ってる人は無視して通り過ぎさせるじないですか。
このように、自分の怒りで相手の気持ちが「無視」とならないように意識する。
そうしたら、嫌味・嫉妬で失うものが1つは減ることでしょう。

SHARE