友達止まりの恋愛対象にらない男性パターン

 心理テクニック恋愛コンサルタント

友達止まりの恋愛対象にらない男性パターン
■ イイ人で止まってしまう男性とは?
モテたいけど…モテない。
口説きたいのに…相談相手で終ってしまう。
そんな男性って近くに1人~2人は居られるのではないでしょうか。
「女性の口説き方」を雑誌・ネットの情報に頼りすぎて浅知恵だけで技術を使おうとする。
それって例えるなら、竹刀も触れない人が日本刀を持っても怪我するだけですよね。
車でも同じですよ。
普通車も運転できない人が、レーシングカーに乗って鈴鹿サーキットを速く走れるのか?
当然に速くは走れません。
きっと事故して怪我することでしょう。
これが恋愛で言う経験の浅い人が駆け引きしようとしたり…心理テクニックを使おうとする結果です。

”モテたい”
この気持ちは男性の多くが持っているのですが、そのモテ方がわからない人って…
格好付けようとする。
又は優しい人になろうとする傾向があります。
それは間違いではありません。
ですが、本来の自分の姿を無理やりに大きく見せようとしてますからね。
女性には見透かされていて「無理してるなぁ」と気持ちを冷めさせている事を自覚した方が良いですよ。
茶番なのです。
本来の優しさと言うのは「無償の愛(見返りを求めてない)」じゃないですか。
だけど!
モテたい…と言う欲がある以上は見返りを求めた優しさなので相手には伝わってしまのです。
だから私には茶番と思いますよ。

本来の自分と言うのは?
これをある程度は自然体で出せる人が「モテ男」と言われることが多いです。
ですが、その好まれる好みの平均値(アベレージ)に自分がどう評価されているのか?を知る事が大前提となります。
モサイ
ダサイ
格好悪い
口臭がクサイ
不潔
汚い
服装が変
借金が多い
無職
マイナス思考
飽き性、など
これらのモテない要素が山積みなのに、自分を出しすぎると「気持ち悪い」となって嫌われます。
なので、ある程度は世間一般の平均値に自分を持っていことことが基本(スタート地点)と言えます。

女性にモテたい男性の求愛行動
■ フィメールチョイス(femare choice)
性欲を繁殖行動と言う風に動物的に恋愛を考えていきますと、告白・モテたいと言うのは「求愛行動」となります。
自然界では多くの動物がオスから求愛して、メスが選ぶ。と言う行動になります。
ようは「選ばれる」
これが恋愛には大切なので、欲しい・手に入れたいと独占欲だけで恋愛を考えていると….
選ばれるだけのメリットが少ないばかりか、そのメリットをアピールできていない。
又は、他者との比較にてマイナスとなるネガ要素を改善していないので比較されると負けてしまう。
この繰り返しをしている男性って多いですよ。

気弱な性格がマイナスだとしましょうか。
その性格を改善せずに、他のメリットを目立たせて自己アピールしようとする場合。
モテない人って「優しさ」を出そうとします。
その優しさも出し方が一辺倒なので「言う事を聞く」と言う行動が増えてしまうのです。
これだと魅力的ではないので他者との比較により負ける率は上がりますよね。

■ 小学校での男子を思い返すと?
子供って好みの女子生徒に「好かれたい」と思ったら、自己アピールの引き出しが少ないので….
目立とうとする求愛行動をします。
それを女子生徒は「子供っぽいね」と少し冷めた目で見ていた経験はありませんか?
だけど女性は冷静に見比べているので、目立とうしない男子生徒を好みの対象とするケースがあります。
この時に目立とうとした行動した者がアベレージ以上の評価を得ていると、「格好いい」となるじゃないですか。
50m走で走ってる姿を見て「格好いい」と言われる筈です。
しかし、マイナス評価が多い人だと目立てば目立つだけ「気持ち悪い」との評価になります。
これが大人だと不必要な優しさを作ろうとする行動へと変化しているのだと思いますよ。

モテるには何を学べばいいのか?