質問したのに、質問で返された本音を見抜いてみましょう

 心理テクニック

■ 人間の心理は「行動」として本音がでます
彼氏や彼女が何かを隠している…と思って質問したら、相手から逆に質問された会話ってありますよね。
このときの本音ってどうだと思います?

一般的には「知られたくないことを聞かれて焦った」と考えてよいのです。
なので、質問に対して質問で返してしまう。
同時に早口になったり、目線が上向きであれば会話を整理している証拠と言えます。
何か重要な隠し事があるのは間違いありません。

ただ、ここからが問題だと思いますよ。
別れさせ屋に相談される多くの女性・男性は、怪しい!と思ったらどんどん詰めてしまう。
会話で追い込んでしまうのです。
なので恋人としては隠したい・認めたくないのに…居心地が悪い。偉そうな態度だなぁ。
こんな印象を与えてしまうので、
浮気を疑って問い詰めるのは正しい?のではなく、相手にとっては逆切れですが間違いとなります。
そもそも浮気する人と言うのは「自分が可愛い」じゃないですか。
隠し事で相手を裏切っても所詮は他人なので、自分を守る行動として嘘を正当化させようとします。
それが一般的な行動です。
だから浮気してる…と明らかな黒であったとしても「問い詰めない」が正しい行動ですよ。
別れる前提であれば、それは悔しいので白黒をはっきりとさせるべき。
しかし自分の方が愛していて、別れたくない・嫌われたくない。と感じている場合。
白黒を付ける押し問答せずに、恋人が逃げられる「逃げ道」は残しておきましょう。

■ ダメなのは「知識」を押し付けること
離婚したり、彼氏が浮気ばかりするケースって彼女の接し方に問題があります。
理屈っぽい性格
ヒステリック
世話焼き
情緒不安定で浮き沈みが大きい
焦るとパニック状態になる
依存体質
これらのタイプでは、会話・接し方が押し付けになっていることがあります。
それは自身が知識豊富であり、恋人を少し下に見ている本音がありからだと思いますよ。
自分の方が正しい。と誤解しているので、相手からの意見を聞こうとしません。
この恋愛を続けていると…浮気は本気になりやすいので将来的には別れる恋愛だと言えます。

■ 浮気を問い詰めるなら徹底的な証拠収集が必要
別れる前提で怪しい行動を問い詰める場合。
それを言い逃れできなくするには、確定的・決定的な証拠が必要です。
または証言でも良いでしょう。
なので、疑いだけで問い詰めるのは浅はかであり、逃げられたり、言い包められる原因ですよね。
泳がせて
遊ばせて
それから「証拠!」となる決定的なものを確保してください。
探偵の浮気調査だと「ホテルに入った」の写真だけではなく、「ホテルがから出てきた」はセットです。
inとoutが揃うと言い逃れはしずらいので、当人らも浮気を認めやすいでしょう。