関西エリア・近畿エリアの離婚件数を考える

 別れさせ屋

<関西地方>
・大阪府
・兵庫県
・京都府
・奈良県
・滋賀県
・和歌山県

<近畿地方>
・大阪府
・兵庫県
・京都府
・奈良県
・滋賀県
・和歌山県
・三重県
(「近畿」と表現する際は三重県も含まれる)

関西と言えば、大阪や神戸を代表する大きな都市ですよね。
ですが、一般的にどれくらいの人口なのか?、離婚件数や婚姻件数は?って知られてないのが実情です。
今回はそんな関西の離婚・結婚に関する数字を掲載してみようと思います。
データに関しては総務省統計局が発表(平成28年)しているデータとなります。

● 関西の人口
大阪府:883万人
兵庫県:552万人
京都府:260万人
奈良県:135万人
滋賀県:141万人
和歌山:95万人

● 関西の離婚件数&婚姻件数
・大阪府:離婚=17,279件/婚姻=46,186件
・兵庫県:離婚=9,302件/婚姻=25,808件
・京都府:離婚=4,222件/婚姻=12,143件
・奈良県:離婚=2,183件/婚姻=5,628件
・滋賀県:離婚=2,202件/婚姻=6,822件
・和歌山:離婚=1,771件/婚姻=4,061件

<主要都市>
・東京都:離婚=23,470件/婚姻=86,009件
・愛知県:離婚=12,464件/婚姻=40,671件
・広島県:離婚=4,691件/婚姻=13,594件
・福岡県:離婚=9,772件/婚姻=26,567件
・沖縄県:離婚=3,700件/婚姻=8,464件

【説明】
数字で見て「多い」地域というのは、探偵・別れさせ屋が多い地域となります。
それだけ離婚の裏には浮気・不倫が隠れていると言う事です。
また、東京はダントツに離婚件数が多いですよね。
大阪と兵庫を足しても追いつかないので、それだけ離婚する方が多い街でございます。
近くには神奈川県・埼玉県・千葉県とありますので、相当数の浮気・不倫があるのでしょう。
故に、別れさせ屋の多くは東京が多いのだと思いますよ。
大阪本社とするのは当社ですが、非常に珍しいと思います。
よく同業の方に言われるのですが、「大阪のお客様は難しい」との意見を頂きます。
やはり値引きの文化なので「安くいいものを買いたい」と言う基本が根強い街です。
別れさせ屋のように形のない商品に関しては得にシビアになるのではないでしょうか。

● 人口や離婚件数から何が見えるのか?
夫婦が「別れる」と決断するには、恋人のように気持ちだけでは成立しません。
書類上の「別れる」となる離婚届が必要ですよね。
その判断には親への同意・子供のこと・お金や住まいのことが大きく関係してきます。
同時に「自分の判断は正しいのか?」と友人に相談するのではないでしょうか。
ここで地域性が大きく影響してきます。
離婚件数が多いというのは、それだけ回りにも離婚経験者が多いのです。
敷居が低くなる…と言う感覚も出やすしですし、離婚後の不安を解消するには経験者の意見も必要。
よって離婚件数が多いエリアと言うのは「誘発」される離婚も多くなります。
これは「別れさせたい」と願う方には好条件なので、離婚件数を知るのも重要だと思いますよ。
また同じ大阪・兵庫でも街中と郊外、賃貸と持家のどちの環境で育ったのか?は要確認です。
離婚の敷居が低いのは都会・賃貸住まいの方なので、郊外で持家にて育って方だと…。
離婚に対しての弊害では「親の意見」が割合を大きくする傾向がございます。