怪我のリハビリ中に浮気して、本気になって結婚

 別れさせ屋

怪我のリハビリ中に浮気して、本気になって結婚
怪我をしてリハビリ中に知り合った関係。
その時はお互いに彼氏・彼女(夫や妻)が居たけど…惹かれあって恋愛関係に発展。
結果的には同棲して結婚へと進んだケース。
実例でも多いと思います。
特に怪我・病気の時って心も弱っている事が多いので、支えになってくれた人への感謝。
この感謝から好意へと発展するのは多いのではないでしょうか。

故に、これらの状況から始まった不倫関係と言うのは長くなるケースがあります。
浮気と言うよりも…
本気になっているので、別居・離婚へと向けた建設的な関係が目立ちます。
別れさせ屋に寄せられるそう相談では、これらの当事者からも頂く事がございます。

① 離婚したい男性
② 離婚したい女性
③ 不倫を別れさせたい夫
④ 不倫を別れさせたい妻
⑤ ③④の親
⑥ 恋人と本命を別れさせたい

このようなケースとなります。
既婚関係であれば、子供・持家の問題がありますので「別れる」と言ってもスグには出来ません。
調停や裁判
そこから発生するお金の問題
この流れから疲れが生じると「このままでいいか」と夫婦継続を選ぶケースも多いのです。
ただ待たされている側としては1日でも早く一緒になりたいですからね。
試行錯誤した結果で「別れさせ屋」と検索された方は多いと思います。

●入院の恋愛効果
心が弱っている。は当然ですが、心理的な効果としては「単純接触仮説」があります。
病室で常に顔を合わせる。
この馴れ合いから親近感を感じてからの恋愛意識と言うのは進展速度が早いのです。
高校や大学の同期、新入社員の同期が恋愛しやすいのと同じ効果となります。

● 病院勤務の「別れさせ」相談は多いのか?
院内勤務の不倫・浮気によるお問合せは多いですよ。
医師と看護師の関係が際立って多いです。
ただ役所勤務の不倫による検討と比較すれば、絶対数は少ないので医療従事者の方の場合。
浮気の受け入れ意識
浮気の線引き
お互いのパーソナルエリア
これらを認識した上で不倫関係を続けている方だと、「現状維持」を優先される方が多いと思います。
ただ妊娠や浮気発覚、線引きを理解しているけど心が続かない。など。
別れさせ屋を必要とされる状況としては一般会社勤務の方と同じでございます。

● 医療関係者の相談で多い地域
大阪、神戸、兵庫、京都が多いです。
遠方地域よりも当社から近いエリアにて「病院勤務で…」のお問合せを多く頂戴しています。
年齢はすごく幅が広いですね。
また不倫関係の年齢差が大きいのも医療関係の不倫トラブルに目立った特長となります。