平成の終わりに離婚したい…「別れたい」が増加傾向

 女性向け恋愛コンサルタント

平成の終わりに離婚したい...「別れたい」が増加傾向
日本では「節目」として年末年始を区切りとすることが多いですよね。
年末にはトラブルを片付けて…
新年には新しい挑戦をスタートさせよう…。
こんな感じの方は多いのではないでしょうか。
恋愛においても同じで「年内に別れたい」と希望されるケースは非常に多いです。

このような感覚から「平成」を区切りとして離婚しようと考える夫婦も増加傾向にあります。
当社のような 別れさせ屋の専門会社 には同様のご相談を多数頂戴しています。
今後は更に増加傾向になるかと思いますよ。

では、別れる以外ではどうなのか?
新元号となったり、新年を迎えるという事は「結婚」に対しての意識が高まります。
同棲スタート
プロポーズ
結婚
妊娠
出産
マイホーム購入
これらを節目から再スタートとして考える方が増えますよね。
逆に言うと、その幸せの裏には「嫉妬・寂しさ」を持っている方が居るかも…知れません。
例えばですね。

・彼と復縁したいけど、彼女と同棲した
・彼と一緒になりたいけど年明けに結婚するらしい
・彼女と復縁したいけど元彼氏と新元号になったら結婚するらしい
・彼と奥さんに別れてほしいけど、年明けに新築を購入するみたい
・出産を新元号1年目に合わせて子作りするらしい、など

このような気持ちから「別れさせたい」となる方は必然的に増加いたします。
原因は夫婦のどちらかが浮気していた、現在進行形で浮気している。
復縁したいと願っている元恋人の存在。
これらの人間関係から復縁や良縁・関係改善を願ってのご依頼となります。

運命の赤い糸は実在するの?
● 離婚して後悔するケースもある
別れさせ屋に寄せられる復縁相談には「再婚」のケースもございます。
奥様orご主人
どちらの希望で離婚したけど…やはり元鞘に戻りたいと願ってのお問合せです。
このケースでは比較的・復縁に進みやすいのですが、それは「協議離婚」だと可能性は高いと思います。
しかし!
調停、裁判や親を巻き込んだのトラブル、金銭的なトラブル。
これらが発生していると復縁は非常に困難となります。
よって浮気したから離婚!と言うのは復縁には可能性のある別れ方と言えますね。
彼氏彼女とは違って夫婦関係と言うのは必然的に「現実問題」と言うリアルな部分が求められます。
経済力
健康
親との関係
同居しての居心地
これらが改善されていると再婚(復縁)には向きますが、単に「復縁したい」だけでは達成しないでしょう。

● 節目、区切りで恋愛するメリット
記念日として記憶に残りやすいのが大きなメリットですよね。
男性だと誕生日・付き合いスタート日・結婚記念日などを忘れてしまう方も多いと思います。
ですが、解り易い日にスタートする事で「パッ」と一瞬で思い浮かぶ事が恋愛効果としては高いと思います。
ただ気持ちが冷めてしまったら….
その記念日の存在自体が冷める気持ちを加速させるので、何気ない忘れ易い日に再スタートする。
これは浮気癖のタイプには効果的なのかも知れませんよ。